吉井和哉 ブログ・吉井和哉 画像
あなたは 吉井さんのような

すてきな恋人がほしくないですか?
はい、ほしい!
いいえ、その前に、 ダイエットしなきゃ!

ちぇっくして、判定ボタンをクリック!









2007年10月27日

吉井和哉 ブログ・吉井和哉 画像

吉井和哉 ブログ・吉井和哉 画像
吉井和哉
東京都出身静岡県育ちのミュージシャン。本名は吉井一哉だが、字面や画数が悪いため「和哉」としている。
1986年にアーグ・ポリスでベーシストとして活動した後、1988年にロックバンドTHE YELLOW MONKEYを結成し(吉井はボーカル・ギター・作詞・作曲を担当)、1992年にメジャーデビュー、その後2003年にYOSHII LOVINSON(ヨシイロビンソン)としてソロデビューし、2004年にTHE YELLOW MONKEYを解散する。
2006年に吉井和哉と名義を変更し、現在に至る。吉井和哉 人物 幼少の頃は肥満児で、それがコンプレックスだった。
現在は痩せているが非常に太り易い体質である為、レコーディング中などのオフショットではまるで別人のようになっていることがある。過激なダイエットをして痩せるので、一時期「癌ではないか」、「実は余命○ヶ月(年)」などという噂が立っていたこともある。最近は年齢のせいもあり、過度なダイエットをしなくてもいいように普段からトレーニングや体調管理を行っている。中学生の頃は深夜ラジオを聴きながらマンガを描く毎日だったという。 義務教育終了とフリーター生活、その後上京し「25歳までにデビュー出来なければ音楽は諦めよう」と決意。
その後、25歳でデビューが決まり、26歳でメジャーデビュー。目標を立て、28歳の時にシングル『太陽が燃えている』がTOP10入りし、29歳の時にアルバム『FOUR SEASONS』がオリコン1位を獲得した。元々はボーカルではなくベーシストであった。 THE YELLOW MONKEY初期は、デヴィッド・ボウイ、マーク・ボランを意識したグラムロックを展開していたが、『smile』以降はポップでキャッチーな楽曲を作るようになり、レコード会社をファンハウスに移籍してからは独自のロックを追及していった。 バンド時代(特に初期)は派手なメイクや衣装で時には女装することもあった。
ソロになってからはあまり過度なメイクは施さず、YOSHII LOVINSON時代はジーンズにTシャツ姿でライブを行うこともあったが、40代になってからは自らを「ロックスター」と称し、再び派手なメイクと衣装でステージに立っている。後述の美輪明宏との対談などが影響している。 オーディオマニアで、自宅には数百万円のオーディオシステムが組まれている。吉井和哉 離婚  吉井和哉 ツアー  吉井和哉 結婚  吉井和哉 バックステージ  吉井和哉 日本武道館 
アルバムのレコーディング中に、ディレクターがスタジオに置いてあったラジカセの音が悪いと言って持参してきたラジカセと音を聞き比べたところ、余りの違いに愕然としたのがきっかけ。バンド活動休止後のオフの間に名盤と言われるレコードを改めて聴き直したとき、今までは気付かなかった自分の作品とのクオリティの差を痛感し、一時期は音楽をやめようとまで思っていたという。 YOSHII LOVINSON時代は逆説的な意図で戦車(M24軽戦車)を使ったPVを作成するなどメッセージを発信。吉井和哉 ライブ 吉井和哉 セットリスト  吉井和哉 チケット  吉井和哉 歌詞  吉井和哉 武道館  メンバーとは現在でも交流があり、ベーシストであった廣瀬洋一の2003年活動開始のバンドHEESEY WITH DUDESのアルバムの中の1曲「ならず者アイムソーリー」で作詞を担当したが、相談が面倒になり「500円でいい」と伝えた。
歌詞カードには、「Lyrics KAZUYA YOSHII」と表記されてしまった。吉井和哉 グッズ  吉井和哉 広島  吉井和哉 バッカ  吉井和哉 コンサート  吉井和哉 名古屋  印税を受け取ったかどうかは定かではない。因みに廣瀬は100円玉5枚で吉井に500円を払ったらしい。廣瀬が2007年5月に渋谷La.mama(THE YELLOW MONKEYがインディーズ時代拠点としていたライブハウス)の25周年記念ライブに出演した際、吉井から廣瀬宛に花が贈られていた。ギターの菊地英昭はソロになってからのライブのサポートメンバーであり、ツアーを公演している。服を好み、衣装としても頻繁に着ている。吉井和哉 ブログ  吉井和哉 自伝  吉井和哉 ツアーグッズ  吉井和哉 ファンクラブ  吉井和哉 画像 
2007年2月14日、右手首にドラゴンのタトゥーを入れた。
昔、お尻にスヌーピーのタトゥーを入れると言っていたが未だにいれていないらしい。 悩みやすい性格で常に試行錯誤を繰り返しているせいか、何かと宣言しては、すぐに覆す癖があり、そういったエピソードが多々ある。
2000年頃「もう金髪にはしない」と宣言し、黒髪の短髪にしたが、バンド活動休止後の2001年には金髪になっていた。
2006年7月27日に行われたファンクラブ限定ライブのMCでは「吉井和哉、タバコやめました」と宣言。
が、その後アルバムのプロモーション中に喫煙していた。
吉井和哉 来歴 吉井和哉 離婚  吉井和哉 ツアー  吉井和哉 結婚  吉井和哉 バックステージ  吉井和哉 日本武道館  2001年10月9日 - 「Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ2001」に出演。
2003年10月1日 - 「YOSHII LOVINSON」として、シングル『TALI』でソロデビュー。
2004年2月11日 - ソロ・ファーストアルバム『at the BLACK HOLE』リリース。吉井和哉 グッズ  吉井和哉 広島  吉井和哉 バッカ  吉井和哉 コンサート  吉井和哉 名古屋  2004年12月26日 - THE YELLOW MONKEYのボーカリストとして最後のステージ。 2005年6月4日〜 - 初のソロツアー「AT the WHITE ROOM」スタート。
2005年10月7日 - 「Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ2005」にYOSHII LOVINSON名義では最後のライヴ出演。吉井和哉 ライブ 吉井和哉 セットリスト  吉井和哉 チケット  吉井和哉 歌詞  吉井和哉 武道館 
2006年1月25日 - シングル『Beautiful』、ライブツアー「MY FOOLISH HEART」より名義をYOSHII LOVINSONから吉井和哉に改めた。
2006年10月8日 - 愛と狂気の30代から、「ポップな40代」へ突入。
仙台、大阪でシークレットライブを行う。 2006年末 - 視野を広げることを目的に2007年1月8日をもって、所属事務所ボウィンマン・ミュージック社卒業(離脱)を宣言。
同社FCは解散の運びとなる(トラブルでない事を、事務所双方が主張。FC公式会員へ)。 2007年8月25日- 「8.25 オールナイトニッポン武道館」に出演。
「JAM」をセッション。 2007年12月8日 -「Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ2007」出演予定。
吉井和哉 ディスコグラフィー
※2003年〜2005年にリリースされた作品は全て「YOSHII LOVINSON」名義
吉井和哉 グッズ  吉井和哉 広島  吉井和哉 バッカ  吉井和哉 コンサート  吉井和哉 名古屋 
吉井和哉 シングル
TALI cw. TALI (seaside mix) / スティルアライブ (2003.10.01)(CCCD) SWEET CANDY RAIN cw. SPIRIT'S COMING (GET OUT I LOVE ROLLING STONES) / 70 GO (2004.01.09) トブヨウニ cw. BLOWN UP CHILDREN / HATE (2004.07.28) CALL ME cw. MUDDY WATER / FINAL COUNTDOWN (花王「サクセス」CMソング)(2005.01.13) BEAUTIFUL cw. HIKARETA / MY FOOLISH HEART (2006.01.25) WINNER cw. 発光 (2007.05.23)(劇場公開作品「GOAL!2 」<日本語吹替え版>テーマソング シュレッダー cw. 上海(エルビス風バージョン)
吉井和哉 ブログ  吉井和哉 自伝  吉井和哉 ツアーグッズ  吉井和哉 ファンクラブ  吉井和哉 画像 
吉井和哉 アルバム at the BLACK HOLE (2004.02.11)
初回限定盤はレコーディング風景やインタビューなどを収録したDVD付。
20 GO/TALI/CALIFORNIAN RIDER/SADE JOPLIN/SIDE BY SIDE/FALLIN' FALLIN'/SPIRIT'S COMING (GET OUT I LOVE ROLLING STONES)/BLACK COCK'S HORSE/SWEET CANDY RAIN/AT THE BLACK HOLE
WHITE ROOM (2005.03.09)
PHOENIX/CALL ME/欲望/WANTED AND SHEEP/RAINBOW/JUST A LITTLE DAY/FINAL COUNTDOWN/NATURALLY/トブヨウニ(ALBUM VERSION)/FOR ME NOW/WHAT TIME
39108 (2006.10.04)
通常盤・初回限定盤・アナログ盤・プレミアム盤の4種類を同時発売。
人それぞれのマイウェイ/LIVING TIME/LONELY/黄金バット/ポジネガマン/HOLD ME TIGHT/I WANT YOU I NEED YOU/WEEKENDER/ALL BY LOVE/BEAUTIFUL/恋の花/BELIEVE Hummingbird in Forest of Space (2007.09.05)
初回限定盤はレコーディング風景を収録したDVD付。
Introduction/Do The Flipping/Biri/シュレッダー/上海/ルーザー/ワセドン3/Pain/Shine and Eternity/バッカ/Winner(Album Version)/マンチー/雨雲 吉井和哉 DVD
STILL ALIVE -YOSHII LOVINSON TOUR 2005 AT the WHITE ROOM- (2005.11.23)
初回限定盤のみPV集+αを収録したDVD付。
THANK YOU YOSHII KAZUYA Live At Budoukan (2007.4.4) 初回限定盤のみ日本武道館LIVE音源のCD付。
吉井和哉 ライブ 吉井和哉 セットリスト  吉井和哉 チケット  吉井和哉 歌詞  吉井和哉 武道館 
吉井和哉 オンライン配信限定
WEEKENDER (2006.08.02)
BELIEVE (2006.09.20)
THANK YOU YOSHII KAZUYA (2007.04.11)
DVD初回生産限定盤付属のボーナスCDとは曲目が異なる。

吉井和哉 その他の参加作品ニルヴァーナ - トリビュート・アルバム『ALL APOLOGIES』で「Polly」をカバー パフィー - シングル『オリエンタル・ダイヤモンド/くちびるモーション』「くちびるモーション」作詞・作曲 ユニコーン - トリビュート・アルバム『ユニコーン・トリビュート』で「与える男」をカバー
吉井和哉 書籍 吉井和哉 離婚  吉井和哉 ツアー  吉井和哉 結婚  吉井和哉 バックステージ  吉井和哉 日本武道館  吉井和哉 著書 吉井和哉の○秘おセンチ日記ロッキング・オン ISBN 4947599464 ROCKIN'ON JAPANでの連載をまとめたもの。手紙―吉井和哉格言集角川書店 ISBN 4048835572 CDでーたでの連載をまとめたもの。
So YOUNG―吉井和哉詩集ロッキング・オン ISBN 4947599669 初の詩集。
未発表詩やインタビューも収録。手紙には掲載されなかった文章が追加され全65編。
本人の最新コメントを加筆し、文庫化。 吉井和哉 関連項目
デビッド・ボウイ 吉井和哉 ブログ  吉井和哉 自伝  吉井和哉 ツアーグッズ  吉井和哉 ファンクラブ  吉井和哉 画像  吉井が影響を受け、また尊敬するアーティストである。
家にあるCDでは多いらしい。 美輪明宏 吉井和哉 グッズ  吉井和哉 広島  吉井和哉 バッカ  吉井和哉 コンサート  吉井和哉 名古屋  上京したとき美輪の著書『紫の履歴書』を持っていった。
雑誌での対談を機に知り合い、大成したのち美輪の前で歌を披露し、認められた。ソロになってから「僕らの音楽」に出演した際、吉井は対談の相手に美輪を指名した。 Mark Levinson(マークレビンソン) 高級オーディオメーカー。
シングル「SWEET CANDY RAIN」に封入されたステッカーは同社のロゴのパロディ。 スモーキー・ロビンソン
ブラックミュージック界の大御所。
元ネタその2。 奥田民生 吉井和哉 ライブ 吉井和哉 セットリスト  吉井和哉 チケット  吉井和哉 歌詞  吉井和哉 武道館  吉井は自身の著書で「ユニコーンのファン」と発言している。
民生のそれと通ずるところがあり、他にも釣り、共通点が多い。親交があり、民生の方が先輩にあたるが吉井は「民生君」と呼んでいる。企画「芸能人釣り選手権」では過去2回共にゲスト出演した。経緯は不明だが吉井のシングル『WINNER』のクレジットにはスペシャルサンクスとして民生の名前が載っている。2007年10月24日発売のユニコーン・トリビュートに「与える男」で参加、ドラムは民生が担当している。以前から「与える男をカバーしたいと口にしていた。
posted by 吉井和哉 at 10:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。